2017年10月26日 (木)

スペイン郵便事情

スペインの郵便の悪さは何度も書いてきた。まともに日本から届くのは本くらいで、その他は届かないのが普通。殆どがマドリッドで止められてしまう。

今回も又同じことだったた。PCのキーボドの不具合で交換しようと思ったけど日本語対応はスペインでは手に入らない。外付けなら使えると思うが、自分のPCに水が入ったのが原因なので交換が必要。日本で部品を買って送ってもらったのだが一向に届かない。1週間で届く航空速達みたいなのでも駄目。1ヶ月も経って諦めた頃手紙が届き例によって領収書とNIFのコピーを送れと書いてある。送ったのだが梨の礫でそれから3度も同じ手紙が届く始末。必要なものなのでいちいち同じ事を書いて最後には速達で送った。領収書も前もってメールで送ってもらい保存していたので、楽だったけど。

昨日突然のように品物が届いた。上乗せ料金27ユーロ払わせられたけど仕方無い。届いただけマシ。普通は日本に送り返されるか、廃棄だもの。何でスペインはこんな面倒くさい事を始めたんだろう。住み始めた頃は何も問題なかったし、効率が良かったはずだ。馬鹿げてるとしか思えない。誰かが得してるんだろうね。

これからが問題で交換してもPCが治るかね?もし駄目ならセビージャに持ち込むか、買いなおしだけど、一番良いのは日本で買う事だけど、次の帰国は1年以上先だからね。PCは海外で住む上で必需品だから。上手く直してくれる事を祈るしかない。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

スペインの郵便は最低だ!!

此のところ嫌な事が続いている。色んなことが面倒くさくなってきた。
3ヶ月も前に日本から送った小包みが届かない。手紙が来て荷物はバラハスの中央郵便局にあり、14日までに連絡ないと処分されるという。モロンの郵便局に聞いたらホームページにアクセスしろと言うだけ。返ってアクセスしたけど何処がその部署だかわからない。

友達のノビオのJoseに頼んだらやってきてくれた。が其処からが大変。まずその連絡ページから探すのだが、それも複雑。番号を記入は普通だと思うし、自分のNIFの番号記入も普通だと思うけど、問題はこれから、送り元の人間の身元証明(パスポートが必要)もコピーが必要だと、更に買った品物の名前と領収書のコピーをページに書き込まなくてはならない。

大体送ったものは日本の日用品ばかり、もらったものもある。今回送ったのはカミさんで、その場でNIFのコピーもできたし、領収書なんてあるわけないのだが、1枚探し出してコピーして送った。馬鹿げてるとしか思えない。いくらなんでも日本人の送り主になんて頼めないだろうよ普通、買った領収書なんてあるわけ無いよ。コンピュータの傍に印刷機があるからいいようなものだけど、PCなかったらどうするんだ?

それに送り主のパスポートなんてわからないのが普通だろうよ。スペイン人でさえ悪戦苦闘してやっとページを埋めて送った。後でメールが来るという。けれどもいくら待ってもそんなものは来ない。それまで2時間以上かかったのに。

そして今日再びホセにやってもらったら、今度はページにエラーがでて書き込めない。電話で何度かマドリッドの郵便局に連絡してもちっともラチがあかない。見方によればわざとしてるとしか思えないのだ。普通電話では話せばモロンまで配達するだろうよ。もうどうしようもないね。ホセは辛抱強く何度もトライしてくれたけど、もう諦めた。うがった見方をすればネコババ目的でこんないい加減なシステムにしたのかもね。3年くらい前までは何のトラブルも無く着いていたのに。もう荷物は送れないね。本当にスペインの郵便は最低です。今度で2回目。前は早く諦めたけど、今回は必要なものも入ってたしね。

こう云う理不尽なことを平気でやるのがスペインのお役所です。郵便なんて届かなくて当たり前になるね、そのうち。

でも日本だって同じ。送ったお金が消えて何処に行ったか解らない。それも2度あった。同じ郵便局。普通郵便で送ってしまった自分も悪いけど、小額だったから油断した。何処も此処も腐ってきたみたいだね。今や郵便局は信用できないね。腹が立って仕方ないよ。

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

診察?

主治医の診察というか、帰国時に起きた脳梗塞についての報告。こちらは、薬がスペインに日本と同じものがあるか?心配なのと、購入の為の診察が必要なのが解っていた。
 
結局専門医の診察が必要との事でそれが11月なのだ。それまでの薬は当然無くなるので、どうするか?聞いても良く解らないので直接薬局に聞いてみた。
 
要するにその間は保険カードが効かないので、市販の値段で買うことになる。同じ薬もあり無事に買えたので一安心。
 
しかし2か月も先だなんて、もしスペインで起きてたら重症なら死んでたかも知れないね。”不幸中の幸い”みたいです。

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

免許更新

日本で運転免許の更新をしたが、スペインの免許も7年で切れていた。予約をしてCentro Medicoで更新した。此処は病院で簡単なテストと質問に答え写真を撮り、医者の目の検査で終わり。後から免許証は送られてくるのだが、その間も運転できるのでやっと安心。30ユーロ。帰国時に免許が切れてたので心配した。田舎に住んでいると車は必需品なのだ。今度から更新期間が短くなるらしい。

帰りにヘロニモさんにお土産と自分の古いDVDのコレクションを渡した。日本に帰国中モロンの人達も色々あり、友達の交通事故や心臓手術など波乱万丈だったみたいだ。

別の病院に行き診察の予約を入れる。これが済むと普通の生活ができるのだ。

| | コメント (0)

2016年5月15日 (日)

パスポート更新

10年目の更新が帰国する前なので、マドリッドの日本大使館に行ってきました。事前に聞いたところセビージャでの出張サービスは決まっていなく、バスの切符を買ったりホテルの予約した後で6月にセビージャである連絡がきました。 夜行のバスでAlahalから乗って朝マドリッドに着き、朝一番で受け付けてもらいました。 写真の大きさとか細かく指定されてその通り作って持っていったのですが、写真が暗いという。明るさの指定なんてされなかったし、スペインの公式写真に準じて作ったので、そのまま作成してもらいました。書類の書き込みにも間違いがあり、例えば本籍は原本通りに書かなければいけなかったり、細かい間違いがあり、訂正はセビージャでする場合一々郵便でやり取りしなければならず、時間もかかり、マドリッドに来た方が良いです。受付が終わるとその日の3時過ぎに再度大使館で受け取らなければなりません。10年更新で117ユーロかかりました。

2
今回どこもホテルは一杯で予約できたのはTirso de Molinaの近くでした。夜Plaza Mayoの何時も行くBar Andaluに寄り、ここは闘牛士を殺した牛の首が何頭も飾ってあり、写真も一杯ある闘牛バルです。「今Alco Cuchillelosは良くないぞ」と聞いたので近くの市場の後に行きました。週末とあってか人でごった返していて、歩くのにもままなりません。1
此処に来た目的は生牡蠣を食べるため。一番大きいので3.9ユーロ。小ぶりは2.7ユーロ。食べながら白ワインを飲みます。生ガキはへレスやセビージャでも食べられるけど、此処で食べる方が美味しいです。パリで食べたのより美味しいかもしれない。パリのは大味だったね。大きいと言っても日本の牡蠣の半分くらい。久しぶりに食べてカミさんは大満足。 近くの寿司を売ってる店をのぞいてたら日本語で店主に話しかけられた。20年も日本に住んでたんだって。「銀座の寿司より安いよ」。には笑ってしまった。隣の外人の客がワサビの塊を寿司に付けて食べようとしてたから、「そのまま食べると死ぬぞ」と教えてやったり、店主のアントニオも「奢りだ」と寿司をくれたりね。楽しいひと時でした。

3
Casa Patas
Rafael Riqueniがあって見たかったけどカミさんは踊りが見たいという。近くのValla Rosaは休みでCarda momoで見た。前に見た時より大して良くもなく、女性のパリージョと足技にちょっと良いのが見られただけで後はレグラー。 近くにある“どん底”で日本酒のお燗とざるそばで閉めて帰りました。 翌日は午後のバス6時間30分でArahal到着。置いてあった車でモロンまで。疲れました。7月に一時帰国まで免許の更新やら色々あって忙しい日々になりそうです。

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

ITV (イーテーウベ)

9日に車検が切れるのでITV(車検場)に予約しようしとしたら、イグナシオが「モロンにITVが新しく出来てウトレラまで行く必要がないぞ。今から行ってこいよ。」と教えてくれたので、予約してないけど行ってみる事にした。
家から5分くらいの所にあった。教えて貰って番号札をコンピューターから受け取る。

何人も当日予約の人が待っている。去年もウトレラのITVで経験済みなので予約の無い人の時間が掛るのは解っている。番号が表示されると受付でお金を払い(28ユーロ)車に乗って工場の前で自分の車の番号が又表示されるのを待つと程なく何番に入れと表示が出る。
これから色んなテストを受けるのだが言葉が良く解らないので苦手だ。ブレーキを踏め、ハンドル回せ、前に進めだの、色んな指示が出るけど、早口で聴きとれないのだ。
それでも1年に1回なので自分でやるしかない。今回は右の前消灯が切れていた。エステポーナに行った時切れたのかも。で車検は通らなく修理してから再検査となった。

とにかく前消灯が切れてるのは危ないのでそのまま、何時も行く修理屋に持って行ったら直ぐに直してくれた。「予約した方が良いかい?」と聞いたら「このまま受付に行けば直ぐにやってくれるよ」だって。まぁ今日中に出来れば良いしどうせ暇なんだからと又受付してもらった。今度は番号はCから始まる。それほど待たなく点灯試験だけで終わり。今年のステッカーを自分で貼りやっと終わった。

去年は同じ様なトラブルでウトレラで2日がかりだったけど、モロンに出来たので3時間で全部終わった。近くに出来て便利になったもんだよ。全部で30ユーロ掛った。日本とは比べ物にならないくらい安い。でも疲れたね車検は神経使うからね。

| | コメント (0)

2015年12月 8日 (火)

Hospital

風邪が中々治りません。段々悪くなり薬を色々飲んでも改善しなく、夜中咳が酷くて寝られない夜が続いたのでとうとう病院に行ってきました。今日は休日なのですがSan Franciscoは24時間救急受け付けしていて、以前にも掛っている。その時は健康カードを持っていなくて大変でしたが、今は支給されているので受け付けは簡単です。去年の今頃受けた診療の請求書が今頃着たりします。カードを持っていない時で140ユーロです。

この時間だと誰も他の人が少なく直ぐに受け付けられるのは解っていました。受け付けの医者と診察の医者は別で美人の若いお医者さん。やっぱり心配した肺炎にかかりかけてたみたいで薬の処方箋をもらってあっという間に終わり。しかし休日は開いている薬局が限られている。受付で忘れず聞かなければならない。こう云う事にも大分慣れた。

やっと家でのんびり出来ると思ったらNino RosaがCDを取りに来た。コピーを頼まれていたのだ。早くやっておいて良かったけど又明日まで1枚コピーしなきゃならない。彼にしたらお礼のつもりだから、良いのだけど。寝てばかりもいられないんです。頼まれたのは

Antologia del Cante Flamenco de Moron de la Frontera
Para DonAntonio Gallardo Gallego
"Ninio Rosa"

Miguel Oliva Siles ,Moron 08 2015

Nino RosaSilverio,Manuel Torre,Antonio Chacon,El Fillo,Tenazas,Antonio Mairenaのカンテを唄っている。マドリッド録音らしい。(まだ聴いてないので)市販品みたいです。でも多分これ持ってる2枚組の一つだね。後は全部自分がRosaにあげたのもだから自分には必要ない。しっかしNino Rosaは元気だなぁ!!96歳でまだ唄っているんだよ、俺が厚着して家で震えてるのに矍鑠として薄着で歩きまわってるんだからね。情けないね自分が Ofuuuu   

アンダルシアに住んでいたら楽しい事が一杯あるのに健康を崩すとそれも出来ない。今年はそれを思い知らされたね。

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

下町ロケット2 ガウディ計画

今日日本から本が届いた。モロンでもAmazonから本が買える事ができる、その本を娘から送ってもらっている。今度の日曜日またマドリッドにバスで行く。片道5時間30分。その間に読む為に早急に送ってもらったのが着いたのだ。日曜日まで読まないつもりがちょっとだけ読んだら面白くて一気に読んでしまった。

池井戸潤の前作「下町ロケット」はTV放送が終わったばかり。その続編である。内容は省くけど池井戸作品は半沢直人シリーズや他の銀行物、我が家には何冊も置いてある。スペインでは日本の本を買えないので何度も繰り返し読んでいるので、もう読む物が無くなっていた。TVドラマになっているのも多い。

この小説本当に面白いです。池井戸作品は勧善懲悪が基盤にあり最後は何時も後味の良い物が多い。それも相手は常に自分より巨大であり組織のなかでふんぞり返っている者たちが悪役なのだ。そして理不尽なされ方を受けながら何時も真っ当に仕事をしている方が常に勝つ。実際にはそんな事は稀なんだろうけど、市井の一職人としては溜飲の下がることだ。

これからこの本を何度も読む事になるね。ドラマもネットで見れるし殆ど日本と変わらない生活をしている。それがスペイン語を覚える事を怠っている原因だけど、仕方ないね。今更習慣は変えられないもの。スペインで生活するのには息抜きも必要。

他には今野敏 「隠蔽捜査シリーズ」もお気に入りでこちらもTVドラマ化しています。時代物も好きです。藤沢周平、隆慶一郎、古くは池波正太郎山本周五郎を読んでたね。

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

いよいよ

モロンのピソの部屋は寒いです。前のピソに比べてもかなり寒い。夏でも外は40度を超えてもクーラーはいらない生活で家にはクーラーがありません。全部が石作りなので足元から冷えます。モロンはその日によっても温度が変わり風邪をひく原因にもなります。土曜日アルカラに行く予定が急に温度が下がり風邪気味だったので中止、とうとうサロンに炬燵をいれました。

スペインにも炬燵はあってテーブルに厚手のクロスを掛けその中に暖房器具を入れるだけ。前はヒーターを入れてたのですが、クロスを焦がしたりしたのでオイルヒーターです。ソファーでTVを見てのんびりしていると日本と変わりないです。蜜柑も同じ様なのがあるしね。

モロンの我が家にも冬がやってきました。風邪をひかないように乗りきろう。

TVではパリのテロ事件をずっと流してます。戦争ってこう云うものだと思います。テロも戦争なんです。何時も犠牲になるのは無辜の人達です。日本の安部首相は日本人にもこう云うテロを呼びこむ戦争をさせたいんだと云う事です。国を売り己の利益だけ求める議員や暗愚な首相を選ぶ国民にも責任があるのです。自民党に再び政権をもたらしたら、今の様になるのは解ってはずです、しかしそうさせたのは政権を取りながら愚かな権力闘争に明け暮れた民主党に大きな責任があるのです。今や国民の選択肢が無いのが日本国民の不幸です。本当に国を憂い頭を使って戦争を回避する大人の政治家が居ないのが不幸です。外国 、アメリカ、韓国、中国にいいように振り回され続け植民地化に向かっているように見える。日本人の魂を売り飛ばしているのが今の政治家達。日本人の為に行動をする、明治維新の志士達の様な若い人達が出ることを願わずには居られません。日本にはもう右翼という物もありません。国士もいません。みんな韓国人や朝鮮人達です。そう云う日本にしたのが今の自民党、議員達です。それで良いと思いますか?
「担ぐ神輿は軽い方が良い」とは昔からの言葉ですが、今それが国民に死をもたらす現実になって来ていると思います。
あまり政治の事には関わりたくないですが、外国から見ている日本は危ない所に来ていると思います。

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

停電 

今我が家はとんでも無いことになっています。
昨日の朝7時頃停電になり、何時もの通りだけかと思ってたらモロン全域の停電だった。外に出ても人は何時も通り大勢歩いてるけど居たって平静。お店は全部しまっているし、銀行も閉店状態。バルは暗い中でもレタマレは営業している。よく聞くとモロンだけじゃなく、Utrera,Montellano,Coripe,Cronir,etcが全部停電なんだそうだ。こりゃか大事なんだなぁ。大きな変電所のトランスが焼けたらしい。お昼には復興すると言ってたけど一向に回復せずとうとう明日の朝7時に復興するらしい。

仕方ないので暗くなる前にろうそくを灯して簡単な食事で済ませた。暗いしやることも無いのでカミさんと散歩に出かけたら結構人が出ていた。そのうち街灯が灯り始めて思ったより早く復旧したんだね。でも15時間以上かかった。帰る前にレタマレで一杯飲んで帰ったら2階は電灯が灯っていた。我が家は停電のまま。ブレーカーを上げても飛んでしまう。丁度大家のアルフォンソも来たので見て貰ったけど解らずじまい。幸いと云うか台所のコンセントだけは生きているので冷蔵庫は何とか持ったのだけど、部屋中の電気が付かない。仕方ないのでコンセントからTVだけ電気を引いて見ていたけど、早寝してしまった。

朝メルセに何時頃修理屋が来るのか聞いたけど夜だと云う始末。それじゃ困るので自分でやってみることにしたんだ。前の電気屋を見ていても同じ職人としてまだるっこくてしかたない。それに肝心の原因も付きとめず応急処置のみで終わらせていたし、こんなだらしのない仕事ぶりは見ていられないからだった。全部ばらして調べてみたら原因が大体解ってきたので、突き止めようとしていた時メルセと電機屋がやってきて、「余計な事して」、みたいに言われたので、それからは任せる事にした。だが、見てるとやっぱりトロイんだね。同じ事を何度も繰り返してそれでも解らない。結局どうなったか?と言うと部屋の電線を新しく引き直すので午後じゃないと出来ないと言う。そんなのもっと前に解って事だろうよ。でもこっちは借家人なので我慢するしかない。PCを使うために別から引っ張って来てこれを書いてるけど、まだ我が家は停電中です。流石に今回はガッカリ。カミさんはこう云う時は笑うしかないと言ってますがね。下水と云い電気と云い、トラブル続きだものね。古い家ってリスクが大きいよ。つい最近便器を自分で直したばかりだもの。大家のメルセが良い人なので我慢してるけどね。実を言うと環境はあまり良くないんだよ。

朝TVを見たけど何処も変電所事故の事は放映してないの。これにはビックリ。普通大騒ぎするでしょ。慣れてるのかね?こう云うの。報道管制でも敷かれてんじゃないの?

夕方6時頃から部屋の配線張り替え工事が始まり9時過ぎに終わりました。その間停電は続き寝室のベッドや家具はどかさなきゃならんし、終わってから元に戻すのも大変だったけどしっかり工事もしてくれたので良しとする。中々工事は丁寧だったし、懸案の所もちゃんとしてくれたので良かった。けど古い配線なので他は又何時どうなるか解らないが、なったら又その時考えればいいや。珍しく蒸し暑かったので疲れてしまった。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧