« 嬉しい日 Sierra de Moron | トップページ | Antonio Reyes y Paco Cepero »

2019年3月18日 (月)

うれしい日 フィエスタ

小里彩さんはこの前モロン市からHijo de Moronの表彰を受けたお祝いに来てくれたんだ。カミさんはこの日天婦羅の予定でイグナシオ夫妻も呼んでいた。前からイグナシオも小里さんもお互い興味を持っていたので自分も楽しみだった。
食事の後小里さんはお祝いにソレアを弾いてくれた。イグナシオは興味津々で見ている。とても良かったです。
それからフィエスタ状態になるのは直ぐだったね。小里さんはモロンのフラメンコは殆ど知らないのでイマジネーションが今一湧かなかったかも知れないけど一瞬良いアイディアがでて気が付いたけど本人もそこは満足したみたいだった。イグナシオのギターは家に来ると殆ど即興の演奏だ。相手が音楽的にインスピレーションが良いと乗ってくるタイプ。
いやぁ!楽しかったね。見ていてモロンのギターがピアノとこんな風に合うとは想像していなかった。今はまだでも、発展していくと、とんでもなく面白くなる予感がしたんだ。皆が歌いそれが自然に出てくる。。誰に気兼ねもいらない。理屈抜きで楽しい時間でした。俺にとっては贅沢な刻だなぁ、ってつくずく思ったよ。
今日は嬉しい1日だった。イグナシオも気に入ったらしく翌日自分のCDを贈っていた。こう云う繋がりが出来る橋渡しが自分の役目みたいな気もするな。

|

« 嬉しい日 Sierra de Moron | トップページ | Antonio Reyes y Paco Cepero »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嬉しい日 Sierra de Moron | トップページ | Antonio Reyes y Paco Cepero »