« うれしい日 フィエスタ | トップページ | Arcangel y Miguel Angel Cortes »

2019年3月20日 (水)

Antonio Reyes y Paco Cepero

今週はPrada”でフラメンコ週刊が始まりました。此処は毎年有名なアルテスタを呼んでいて
今年はAntonio Reyes,Davido Paloma,Arcangel,Ines Bacan,Tomas Perrate,Capullo de Jerez,El Pele,Remedios Amayaが出演します。
そして今年のテーマは"Homenaje El Pele"です。そして最終日を除いて全部”無料”です。
1此処の特徴は前半は対談や講演があります。1時間以上で肝心のフラメンコより長い。自分にとっては苦痛の時間だけど
今日はEl Peleとの対談。共演ギタリストMernge de Cordoba,Isidro Sanlucar,Vicente Amigo,Pepe Habuchueraなど、
Isidoroの話が興味があったのと今のカンテでMiguel Pobedaは別の世界だ、と言ったことだ。どういう意味かは解らなかったけど
腑には落ちた気がした。映像も映し出されたけど歌ってる映像の途中突然切れてしまった。そしていきなりPeleがその続きを
アカペラで歌った。それがね映像より遥かに良いの。大拍手でした。
21Antonio Reyes y Paco Cepero (Tona y ?,Alegrias,Solea, Tango,Siguiria,Buleria,Fandango)
31Tonaから始まり途中からギターが入った後、なんだかよく解らないFandangoスペクタクルなもの。
この手の歌い手に共通したパホーマンス、声質が高く狭い感じで喉任せ、歌の上手さを見せたいみたいだが、
何を歌っても同じに聴こえてしまう。息継ぎの長さで客は喜ぶけど、心に響いてこない。
もっとスペイン語が解ればそれも違うのだろうけどね。カンテが直線的なのだ。上手いよ。本当に。
でもそれだけだ。会場にManuel de Tomasaも来ていたけれども彼らのカンテとは違う種類だ。
今のカンテはこのタイプが一番多い。”色”が全部同じなんだよ。皆スペクタクルなカンテになって行く。つまらないね。
聴いても体が動かない、心もね。そしてやっぱり最後はFandango,....
でも。
41何故今日来たかというとPaco Ceperoが見たかったからだ。しばらく見ていないしどうやって弾くのかも興味があった。
これがねぇ、良かったねぇ、やっぱり来て良かった。一直線のカンテに対して緩急自在、ファルセータの色も違って弾いて見せた。
そして時折あざとい程の切れを見せる。まるで「もっとやって来いよ」と言わんばかりに。年季の違いもあるけど、やっぱり凄いギタリストだね。Paco CeperoはへレスだけどJerezのギターとは違う気がした。Dimingo,Perquin,Morao,etc一杯いるけどそれこそ彼らとは”色”が”違うな。他は同じ色彩を持ってるけど別の物みたい。やっぱりunicoなんだろうな。

 

|

« うれしい日 フィエスタ | トップページ | Arcangel y Miguel Angel Cortes »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うれしい日 フィエスタ | トップページ | Arcangel y Miguel Angel Cortes »