« Diego de la Flor y Eligio Alvarez | トップページ | 50周年 »

2019年3月11日 (月)

Manuela Vargas y su grupo

今日のペーニャはバイレです。お天気も良くペーニャは満員。
Manuela Vargas y su grupo cante:Gullermo Manzano,David El Galli ,Guritarra:Muguel Iglesia
Baile:Manuela Vargas(Granaina(G),Tientos y Tango(C) ,Alegrias(B)Siguiriya(C)Solea (B)
1部 Manuel Vargasって昔レコードで聴いていた人ではなく、Angerita Vargasのファミリーらしい。名前は聞いてたけど初めて見た。
1 Igreciaからのギターソロから始まった。よく知らないけどIgrecia兄弟の一人?他の人達よりオーソドックスみたい。モデルノ全面じゃなく良かった。2 Manzanoはこんなに強かった?と思うほど?でした。これも良かったです。3 Alegreas,顔もアンヘリータに面影が似ているし、踊りも似ている気がしたけど動きはもっと良い。
4 2部 ガジのSiguiriya、出だしから唸らせたね。軽く歌っているようで重みがある。途中Ole!
が何度も出てた。
5 ManuelaのSoleaが良かったです。奇をてらわなくても普通に踊ってもフラメンコは充分伝わるよ。でもManuelaはAngelitaじゃない。あぁいうアルテは出せないのだ。いくら身内で顔が似ててもAngeritaのアルテは受け継げないんだなぁ、って思ったね。ましてクラス受けたって日本人が受け継げるはずないしね。Unicoのアルテはそれだけのもの。比べたらまぁ普通の踊りだったね。

|

« Diego de la Flor y Eligio Alvarez | トップページ | 50周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Diego de la Flor y Eligio Alvarez | トップページ | 50周年 »